弁護士ブログ

移送と回付

■弁護士ブログ , 松本ブログ

2014.02.27

今回は裁判所の管轄に関し「移送」と「回付」について整理したいと思います。
(わかりにくい点があるかもしれません。ご了承ください。)

【移送(いそう)】
移送とは,裁判所が,裁判により,訴訟を他の管轄裁判所に移転・送致すること。
例)簡易裁判所の事件を地方裁判所に送る
法定の管轄区域を越えて,異なる管轄裁判所に事件を移すことになる。
当事者に申立権がある。

【回付(かいふ)】
同一管轄区域内裁判所の本庁・支部間の事務分配につき,行政上の事務分配の原則と異なる分配をすること。
例)通常は佐賀地方裁判所武雄支部で処理する事件を佐賀地方裁判所本庁で処理する
当事者に申立権はない。

上記2つは似て非なるものですが,つい混同しがちでしたので自身の覚書の趣旨で整理しました。

なお,回付を求めたい場合,当事者に申立権はないものの,
裁判所の職権発動を促す趣旨の書面を付けるのが通例とされています。

〈参考文献 講義民事訴訟 著:藤田広美〉

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら