弁護士ブログ

山本五十六の言葉。

-江頭ブログ , ■弁護士ブログ

2014.03.23

「やって見せ 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ」

この言葉は,かの有名な山本五十六連合艦隊司令長官の言葉です。
今回のブログは,
この言葉を実感することが出来た私の週末について,お話したいと思います。

私は,この土日,
法廷技術ワークショップなる研修に参加してきました。
この研修の目的は,その名のとおり,法廷での技術を学ぶことです。
たとえば,尋問。
尋問では何を聞くべきか?
尋問ではどのようにして聞くべきか?
そういったことを学ぶための研修です。

講師は,主に2名の弁護士。
皆さんも一度は耳にしたことがあるような事件を
手がけておられるような先生がたです。

正直はじめは気が重かったです。
準備不足は否めなかったですし,
何よりもせっかくの三連休,体を休めたいのに・・・
といった感じで。

こういった気持ちが祟ったのか,スタートは散々なものでした。
尋問の実演。
証人役の受講生に対し,私が弁護人役となり,尋問をするのですが・・・
まぁ見るに絶えないものでした。
失敗した点を上げればきりがない,といった感じの出来でした。

そういった失敗を講師の方に指摘してもらい,
そのうえで講師の方がデモンストレーションをしてくれるわけです。
「やって見せ」てくれたわけですね。
これがまぁすごい。
圧倒的なパフォーマンスでした。

その上で,自らのパフォーマンスの説明をしてくれるんですね。
「言って聞かせて」くれるわけです。
これがまたわかりやすい。
1つ1つの何気ない動作,すべてに意味があることに気づき,驚きました。

そして,再度実演。
「させてみて」という段階ですね。
1度は失敗しましたが,
「やって見せ,言って聞かせて」くれた後なので,
ちょっとうまくなってるんですよね。
100点には程遠い出来ですが,
少しだけ上達したことを感じることができるんです。

それをすこーしだけ,褒められもしました。
うれしかったですね。
出来なかったことができるようになり,褒められる,というのは,何歳になってもうれしいものです。

「やって見せ 言って聞かせて させてみて ほめられた」のですから・・・
研修終了後「明日から早速動こう!」
「あの圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた講師の方々に,少しでも近づけるよう,
明日から改善すべき点を少しずつ改善していこう!!」
となっていました。

どうやら山本五十六の言葉が正しい,ということに気づくとともに,
色々なことを学び,
色々な経験を積むことのできた,
とても充実した週末でした。

弁護士法人桑原法律事務所 弁護士 江頭太地

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら