弁護士ブログ

アナログ・デジタルそれぞれ

■弁護士ブログ , 松本ブログ

2014.07.17

電子書籍なるものが普及しています。
カフェでコーヒーを飲みながら電子書籍を読む…なんてオシャレな過ごし方もあるようです。

しかし,私は,文章を読むことに関してはアナログ派ですので,
紙媒体のものでなければ,何だか頭に入った気がしません。
デジタルの文章も一回プリントアウトして読むことが多いです。

したがって,私がカフェで電子書籍を楽しむ場合,
1ページ1ページプリントアウトしながら読むことになるでしょう。
※お勧めはできません

他方で,私は,文章を書くことに関してはデジタル派です。
文章作成は99%パソコンで行います。
日常で手書きするのは…自分の名前くらいでしょうか?

また,音楽を購入することに関してはアナログ派(?)です。
データによる音楽配信も普及していますが,
私は物(CD)が無いと,何だか買った気がしません。
好きな音楽はやはり物(CD)で残しておきたいです。

アナログなもの,デジタルなもの,それぞれに良さがありますが,
皆さんにも,どれだけデジタル化が進んでもこれだけはアナログ派だ!
というものはありますか?
そういうものこそ自分にとって本当に価値があるもの…なのかもしれませんね!

※ここでは,昔ながらのものを「アナログ」,新しいもの「デジタル」と表現しましたが,
本来の「アナログ」,「デジタル」の意味とは異なりますのでご了承ください。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら