弁護士ブログ

軍師官兵衛・裏切りの戦国時代の中で

-桑原ブログ , ■弁護士ブログ , スポーツ・趣味

2014.07.19

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

先日の放送で,本能寺の変が起き,明智光秀が信長を討ちました。
光秀が信長を討った原因は,歴史上も様々な情報が飛び交っているようですが,
軍師官兵衛では,朝廷と仏教をないがしろにする信長に,見切りをつけた,
という設定のようでしたね。

これから,秀吉と官兵衛,中国大返しを行って,明智光秀を討つ訳ですが,
秀吉を支え,秀吉が今後徐々に変わっていく姿も見ることになりますね。

さて,同じ日の放送で,従前,官兵衛を裏切った主君,
片岡鶴太郎さん演じる小寺政職も登場し,最期を迎えましたね。

史実では,小寺政職と官兵衛が,再会した事実は確認されていないようですが,
官兵衛が,小寺政職の子「いつき=小寺氏職」を,後日家臣として,
迎え入れたということは史実のようですね。

主君を裏切った,荒木村重,明智光秀,
そして主君に裏切られた,官兵衛

しかし,どんなに裏切られても,最後まで主君に対する忠義を貫き続け,
一生を閉じた黒田官兵衛。

私自身も,かくあり続けたい,と思います。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら