弁護士ブログ

契約締結上の注意点

-吉原ブログ , ■弁護士ブログ , 民事

2017.09.09

皆さんは,契約を締結する際に,きちんと書面を取り交わしているでしょうか?

 

企業と契約をする際には,基本的に契約書を交わしていることでしょう。

日常生活では,携帯電話の契約などがありますね。

 

しかし,個人間での契約(お金の貸し借りなど)で,きちんと契約書を交わしているでしょうか?

 

契約書がない場合,裁判所は,契約の存在を認めてくれません。

 

もっとも,契約に至るまでのメールのやりとりや,契約後の返還に関わる会話の録音などから,

例外的に契約の存在を認めてくれる場合もあります。

 

しかし,裁判所はそんなに甘くはないので,契約書は必ず取り交わすべきです。

 

契約書を作成した場合は,事前に,必ず弁護士に見てもらうようにしましょう。

せっかく作成しても,裁判で勝てなければ意味がありません。

 

多少の費用はかかるかもしれませんが,後々の費用や労力に比べれば,微々たるものだと思います。

 

そのほか,金銭関係の契約であれば,相手からの回収の可能性も相談すべきです。

 

例えば,貸金の場合,その時点でお金がないから貸してほしいと言ってくるわけで,

相手に返す能力がどれだけあるのか.保証人を立ててもらうべきではないか,など慎重に吟味しましょう。

 

その他にも,お金の動きは証拠に残す(現金手渡しではなく振り込む)など,注意すべきことはたくさんあります。

 

契約前に弁護士に相談をするとともに,しっかりとした知識を身につけていただきたいと思います。

 

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら