弁護士ブログ

日本大学アメフト部の問題について

-池田ブログ , ■弁護士ブログ

2018.06.05

 

日本大学アメフト部の選手の試合での行為が問題となっています。

 

アメフト等の身体接触を伴うスポーツ競技については,怪我のリスクはつきものです。

基本的に,相手に怪我をさせてやろうと考えてプレーする選手はいないと思いますが,不可抗力により相手に怪我をさせてしまうことがあります。

この場合,刑法上は,傷害罪(刑法204条)の成立が考えられます。

しかし,一定のルールを守って行われている限り,傷害罪は成立しないと考えられています。成立しない理由は見解が分かれているところですが,傷害罪が成立しない点については,見解が一致しています。

 

今回の行為については,ルールに則っていないとのことであれば刑法上は,傷害罪が成立することが考えられます。

ルールに則った場合であっても,重篤な傷害を負うこともありますので,競技を競技として成り立たせるためにも,最低限ルールを遵守することが必要であると思います。

 

 

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら