弁護士ブログ

前向き思考法

■弁護士ブログ , 仕事

2011.04.17

さて皆さん、面倒で苦手なことを頼まれたときに、どんな風に考えます?

やっぱり最初は、「これは面倒だし苦手だから、やりたくないなー。」って考えてしまいますよね。

問題はその後の思考法なのです。
  ① やらないとしかられそうだけど、まあそれはそれで何とかなりそうだからやらないでおこう。
  ② 今は忙しいし、面倒で苦手なことだから、他の人に頼んでもらおう。
  ③ これをやらないと、しかられそうだから、やっておこう。
  ④ これをやると、頼んだ人が喜んでくれそうだから、やっておこう。
  ⑤ これを頼まれたってことは、期待してくれているんだから、やろう
  ⑥ これは今まさにレベルアップするチャンスだから、すぐやっちゃおう
  ⑦ これは、世のため人のため自分のために、是非やり遂げよう

子供ほど、①や②を決断してしまう人が多いでしょう。
さて、大人達はどうか。

  多くの場合に①や②を選んでしまう大人は、論外でしょう。成長望むべくもない。

  問題は、③の思考法です。
  一見、④ないし⑦のように、きちんと「やってくれている」のです。
  しかしながら、③だけは、極めて後ろ向きの気持ちで「やっている」、いやむしろ「やらされている」訳で、これでは成長しません(それでも①や②よりはマシかも知れませんが)。

  

  私も10代や20代のことは、③の決断の元に、いろいろとやらされたことがありました。
  しかし、その思考法では、成長スピードが遅い、効率が悪い、次に生かせない、と思います。

  何事も、⑤、⑥、⑦の思考法で取り組めると、ガンガンレベルアップできますよ。
  
  以前にも、これと似たブログを投稿しました。プラス思考の勧めです。
  

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら