弁護士ブログ

一分間スピーチの極意を極める

■弁護士ブログ , スキル・思考法

2011.08.17

  今年から,毎月1日の朝礼の際に,弁護士も事務職員も,一分間スピーチを行っている。

  一分間スピーチの目的は,
①過去の経験の蓄積を踏まえた話題を提供すること
②話題を論理的に考え,頭の中で整理すること
③限られた時間の中で的確に手短に伝える力を磨くこと
にある。

①(経験)について
 経験の幅が広ければ広いほど,また深ければ深いほど,
他人を感動させる,納得させる話題が提供できる。
 日々見聞を広め,情報収集に努め,
情報を日ごろから蓄積しておくことが,重要である。

②(論理的に)について
 どんなにたくさんの情報を集め,
集めた情報をメモ帳・スマートフォン・パソコンなどで整理していても,
自分の頭の中で常に整理して取り出せるようにしておかなければ,
いざというときに役立たない,ということ。
 弁護士は,法律相談でアドバイスをする際,
依頼者との打合せに臨んでいる際,
各種講演で講師を務めている際,
各種会議・会合で発言を行う際,
いろいろな場面で,伝える力が要求される。
 相手に伝えたいことをきちんと伝えるためには,
伝える側が,蓄積された情報を踏まえて,
予め論理的に考えておくことが必須である。
 伝える力がおろそかでは,
誰もその人の言うことに共感してくれない。

③的確に手短に
 何事も,正しい内容が相手に伝わらなければ,伝える意味がない。
 弁護士が,間違った情報を相談者・依頼人に伝えてしまっては,
専門家に相談・依頼された方の信頼を裏切ることになってしまう。
 また,全く同じ内容が相手方に伝わるならば,
伝える側も伝わる側も,より短いフレーズで伝えた方が,
効率的である。
 どんなに正しい的確なアドバイスであっても,5分で伝えられる内容を,
30分かけてようやく伝わるようでは,プロとは言えまい。

 弁護士という,専門職の肩書を持って業務を行っている以上,
その名に恥じない伝える力が,要求される。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら