弁護士ブログ

改めて,弁護士の使命

■弁護士ブログ , 仕事

2012.04.18

 


弁護士とは

 弁護士法1条によれば,弁護士とは,

基本的人権を擁護し,社会正義を実現することを使命とする

 弁護士以外にも,いろいろと専門家と呼ばれる資格,
士業はいるが,
多くの士業では,ある特定の法制度を円滑,適正に実施することを目的として,
資格制度を設定していることが,各士業の基本法第1条を読むと分かる。

 たとえば,

税理士法1条
 税理士は,税務に関する専門家として,独立した公正な立場において,申告納税制度の理念にそつて,納税義務者の信頼にこたえ,租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。

司法書士法1条
 この法律は,司法書士の制度を定め,その業務の適正を図ることにより,登記,供託及び訴訟等に関する手続の適正かつ円滑な実施に資し,もつて国民の権利の保護に寄与することを目的とする。

土地家屋調査士法1条
 この法律は,土地家屋調査士の制度を定め,その業務の適正を図ることにより,不動産の表示に関する登記手続の円滑な実施に資し,もつて不動産に係る国民の権利の明確化に寄与することを目的とする。

社会保険労務士法1条
 この法律は,社会保険労務士の制度を定めて,その業務の適正を図り,もつて労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに,事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とする。

弁理士法1条
 この法律は,弁理士の制度を定め,その業務の適正を図ることにより,工業所有権の適正な保護及び利用の促進等に寄与し,もって経済及び産業の発展に資することを目的とする。

 しつこいので,これくらいでやめにするが,
その他の○○士においても,基本的に国の制度を円滑・適正に実施するために,
いろいろな士業が存在していることが分かる。

 しかし,弁護士法の規定の仕方が,
上記列挙した士業の法律の規定の仕方とは,
明らかに異なっている。

基本的人権を擁護し,社会正義を実現することを使命とする

 改めて,初心に帰り,弁護士法第1条の使命に則って,活動しよう!!

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら