弁護士ブログ

目を見て話をする

■弁護士ブログ , 松本ブログ

2013.04.03

私は子どものころ,犬を飼っていました。

よく一緒に遊んでいましたが,

飼い犬は私となかなか目を合わせてくれませんでした。
(顔をぐいっとこちらに向けても,目はそらすような状態…)

というのも,

動物にとって相手と目を合わせるということは,

その相手に「敵意を向ける」ことを意味するから,らしいです。

そういえば,お猿さんで有名な高崎山自然動物公園に行った際,

ガイドさんから,

「お猿さんと,絶対目を合わせないようにしてください!」

と注意されました。

襲われることがあるから,ということでした。

他方,

他人と会話する際,目を見て話をしないと,

失礼であるとか,挙動不審であるといった印象を与えることがあります。

人間の場合,

相手の目を見て話すということは,

相手と「真剣に向き合う」,ということを意味するのかもしれません。

しかし,人間も動物です。

「相手の目を見て話をする。」というのは,

当然のようで,

意外と難しいことなのかもしれません。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら