弁護士ブログ

ある若者達との会話から見えてきたこと

-桑原ブログ , ■弁護士ブログ , スキル・思考法

2013.10.10

 ある若者達と,懇親会の席で隣になった。

 若者A(男)が,早速,出てきた料理を前に,刺身が食べられないと言う。以前,食べたときに,臭いにやられて,もどしてしまった経験以来,チャレンジしていないらしい。

 同じく,別の若者B(女)も,自分も以前は刺身を食べられなかったが,佐賀に来ておいしい刺身を少しずつ食べているうちに,今は普通に食べられるようになった,と。

 私も小学校低学年時代,トマトが嫌いで,給食時に出た丸ごとトマトに口もつけられなかったエピソードを披露しつつ,そのままでは格好悪いので,その後少しずつ少量でも食べ続けることで,現在では丸ごとトマトも難なく食べられるようになったことを紹介した。

 若者Aが,今度は酒も飲めないと言う。以前,お酒を飲んだときに,リバースした経験以来,チャレンジしていないらしい。

 若者Bも,自分もお酒は強くはないが,初めて飲んだ時よりは,おいしく飲めていると話していた。

 私も,子ども時代,ビールについて,この苦いドリンクの何がおいしいんだ,と思っていたが,今では喉の乾いているときの冷えたビールは最高であることを若者ABに伝えた。

 若者Aは,こちらの話しに対し,貴方とは違う,自分にはどうせ無理,との反応であった。
 若者Bは,こちらの話しに対し,徐々に自分でもそうなれるものなのでしょうか,と肯定的反応であった。

 それぞれ,これからがある若者達。

 しかし,今後5年,10年。何のチャレンジもせずに逃げ続ければ,おそらく相変わらず何も克服できていない,残念な大人(中年)になってしまうはずだ。

 人は皆,自力で克服する体験をすることで,それが血肉となる。そしてまた,次のハードルを乗り越えようとの意欲につながるものだ。

 あらゆることから逃げてマイペースに暮らすことが,結局,己を高める機会を喪失させてしまうことに,早く気付いてほしい。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら