弁護士ブログ

韓国・蔚山(ウルサン)弁護士会との交流会 Part3-蔚山弁護士会との交流の歴史

-桑原ブログ , ■弁護士ブログ , 弁護士会

2013.12.26

 佐賀県弁護士会は,10年間から,蔚山弁護士会との公式交流を開始しました。

 その頃の佐賀県弁護士会と蔚山弁護士会とは,弁護士の数がそれぞれ40名前後だったことから,規模の近い弁護士会ということで,相互交流が開始された歴史的経緯があります。

 私自身も,10年前に,実際に蔚山に初めて行った日のことを思い出します。佐賀県弁護士会ではまだ若手弁護士だった時代です。

 10年を経て,蔚山広域市は人口140万人近い工業都市として発展し,弁護士数も経済発展と人口増加に伴い,早々に100名を超え,現在では140名ほどいるそうです。

 他方で,佐賀県は,人口は85万人で,今も減少中であり,経済が発展しているとは言えない状況です。他方,弁護士数は,蔚山ほど数を増やしてはいませんが,近時の法曹人口拡大政策により,現在90名強,来年中には100名を超す勢いで増えています。

 経済発展により順調に人口が増え,弁護士数も自然に増えた蔚山弁護士会。他方でいびつな価値観に基づいて国策により行われた法曹人口拡大政策により,弁護士数が人為的に増えた佐賀県弁護士会。

 その後の交流の中で,韓国の元気な弁護士達と,日本の弁護士達との勢いの違いが,浮き彫りとなっていきます(次回へ)。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら