スタッフブログ

ハウステンボス ゴッホ展

■スタッフブログ

2012.11.01

美術館や博物館へ行くと
必ず息子たち用に音声ガイドを
借ります。

大人用の器具を与えられたこと、
番号を振られた絵画の前に立ち、
ボタンを押すと、音が出ること…

絵画や話の内容ではなく、
そんな理由から、
息子たちはしばし音声ガイドを使って
展示物を回ることに集中し、

私は、一人で絵に向き合う時間を
確保するのです。

最初は15分もすれば一周してきた
息子たちも、
最近では、もっと長い時間
絵画と向き合えるように
なりつつあります。

今回、なにがあろうと行こうと決めていた

ハウステンボスのゴッホ展

九州国立博物館のゴッホ展に続き、
人生二度目のゴッホ展。

これは、ゴッホ君。

20121101-224725.jpg

音声ガイドのおかげで
ゴッホの偉大さを理解した
息子たちの口から、今回、

こんなの、オレにも描ける

という暴言は出ませんでした。

こうして人はオトナになっていくのですね…。

さて、次は、焼きたて梅ヶ枝餅を食べに行くというエサを使って、
フェルメール展に。

ちなみに、今回のエサは、

サウザンドサニー号に乗りにいくよ!

でした。

ayako.

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら