よくある質問

【裁判】訴訟と調停は何が違うのですか?

 訴訟,調停にも色々な種類がありますが,一般的な民事訴訟,民事調停について,ご説明します。

 どちらも裁判所にて,紛争を解決する手続です。

 訴訟は,法律に従って審理が行われる手続です。双方の主張が異なる場合は,裁判官が判決を出し,強制的に事件を解決します。

 調停は,裁判官と一般市民から選ばれた調停員が当事者の言い分を聞き,問題の円満な解決を目指す「話し合い」です。訴訟と比べ,安価で手続が行えますが,相手が話し合いに応じないと,解決に至らない可能性もあります。

 お悩みの事案によって,ふさわしい手続が異なりますので,まずはご相談ください。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら