ご相談内容

不動産トラブル

不動産の弁護士相談

不動産トラブルで依頼者様が抱える悩みとは?

不動産トラブルのご依頼者は、下のようなお悩みを持たれて
ご相談されます。

  • 不動産取引(売買・賃貸)に関する問題
  • 借地・借家問題(アパート、マンションの賃貸人と賃借人との間のトラブル)
  • 土地の境界に関するトラブル
  • 欠陥住宅・建築紛争
  • マンションでのトラブル
  • 不動産登記に関する問題

弁護士に依頼するメリットとは?

「さまざまな不動産トラブルを法的に解決いたします」

■不動産取引(売買)

多くの方にとって、不動産は大切な財産であり、不動産取引は、一生に一度あるかないかという大切な問題です。
それゆえ、一旦トラブルが生じてしまうと、取り返しのつかない問題に発展してしまうこともあり、数千万円という単位の多額の損害が発生する場合もあります。

そのため、不動産取引においては、後々トラブルとならないよう、前もって慎重に手続きを進めておく必要があり、法律知識や不動産取引における法律実務の経験が必要となってきます。

不動産取引を巡る問題について、弁護士は、トラブルの際の対応はもちろん、トラブルを未然に防ぐために、不動産取引においての相手方との交渉や契約書のチェック、立会人として取引に関与するといった対応も可能です。

■借地・借家問題/明渡し問題

土地や建物の賃貸借に関するトラブルを取り扱います。

    賃借人
  • 「一方的に家賃を値上げするといわれた」
  • 「アパートを退去する際、高額のハウスクリーニング代を請求された」

といった賃借人からのご相談や、

    賃貸人
  • 「借主が何か月も家賃を滞納しているので、回収したい」
  • 「賃貸借契約を解除したい」
  • 「明け渡しを請求したい」
  • 「借主が家財を残したまま行方不明になってしまった」

といった賃貸人からのご相談も、お受けしております。

■境界トラブル

境界をめぐるトラブルには、

  • ・隣地と境界線について争いがある
  • ・家を建ててから数年後に塀や溝を作ったが、気付かずに隣家の境界を侵害していた
  • ・自分の土地だと思っていたのに、調査したら別の人の土地だった

といったケースがあります。
境界トラブルについては、示談交渉、法務局の筆界特定手続、裁判所の調停・訴訟手続によって、解決を図る方法があります。

■欠陥住宅・建築紛争

建築紛争は、専門的な知識が必要となる分野であり、非常に高度な法律知識が必要となります。

  • 「住宅に欠陥があるのではないか」
  • 「この家に住んでいて大丈夫だろうか」

と心配になったら、まずは弁護士にご相談されることをお勧めいたします。
なお、欠陥住宅のトラブルの解決方法には、示談交渉、調停、裁判といった法的な手続き以外に、住宅紛争審査会や建設工事紛争審査会におけるあっせん手続という方法もあります。

■マンション問題

マンションにはたくさんの住人が住んでおり、権利関係が複雑で難しいという特徴があります。そのため、一旦トラブルが発生すると、簡単に解決することができません

例えば、入居者にとっては、

    入居者
  • 「上の階から漏水してきた」といった入居者間の紛争
  • ペット・騒音問題

マンション管理者にとっては、

    管理人
  • 「管理費を滞納されている」
  • 「建物を修繕・建替えしたい」

といったマンション管理上の問題が発生します。
トラブルの早期解決や未然防止のため、マンション問題でお困りの方は、まずはお気軽にご相談ください。

■不動産登記

例えば、不動産の登記が正確に行われておらず、自分の土地だと思っていた場所の名義が、元の持ち主から変わっていないなどのケースがあります。
そのような場合、相続時に、必ず問題が表面化します。
相続の問題が発生した時には、すでに複数の相続人がそれぞれ独自に動いてしまっているケースもあり、問題の解決がさらに難しくなります。
所有している土地の正確な情報や境界について、きちんと把握し、問題が表面化する前にしっかりと手を打っておけば、後々トラブルに発展することを防ぐことができます。

桑原法律事務所に依頼するメリットとは?

「初回相談で、今後の方向性についてアドバイスいたします」

初回相談

依頼者様より、初回相談(30分5000円)にて詳しくお話をお伺いし、どのような解決策があるのか、法的手続きが必要かどうか等を判断し、今後の方向性についてアドバイスさせていただきます。
もし、法的手続きが必要であれば、実際に当事務所にご依頼いただく場合の費用をお見積りいたします。
今現在は些細な問題だと思っていることでも、後々大きなトラブルに発展する場合もありますので、トラブルを未然に防ぐためにも、まずはお気軽にご相談ください。

「不動産の専門家との連携」

専門科との連携

当事務所では、案件に応じて、不動産鑑定士・土地家屋調査士・税理士といった専門家と連携し、事件対応を行っております。法律問題だけでなく、さまざまな側面から問題を分析し、解決にあたります。

「不動産登記もお任せください」

不動産登記

当事務所は、不動産登記にも力を入れており、司法書士と同等の金額で登記手続を代行しています。
登記を弁護士にご依頼いただくことで、そこから派生する不動産売買や相続といった問題が発生した場合にも、解決に当たることが可能となります。

ご対応エリア

福岡県福岡市(博多区、中央区、東区、南区、早良区、城南区、西区)、太宰府市、春日市、大野城市、筑紫野市、糸島市、粕屋町、新宮町、古賀市、宗像市
佐賀県佐賀市、多久市、小城市、神埼市、武雄市、鹿島市、嬉野市、白石町、大町町、江北町、太良町、唐津市、玄海町、鳥栖市、上峰町、基山町、吉野ヶ里町、みやき町、伊万里市、有田町
その他、福岡県・九州全域のほか、東京、大阪、など九州以外の地域にも対応実績がございます。

エリアマップ
詳しいご対応エリアはこちら

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • お電話でのお問合せはこちら
  • メールでのご相談はこちら