案件種別

交通事故(事故損害賠償)
後遺障害等級認定とは?

交通事故で後遺障害が残ったら、「後遺障害等級認定」を行う必要があります。
以下では、後遺障害の等級認定について、桑原法律事務所の弁護士が解説します。

 

1.後遺障害の等級認定とは

交通事故によって後遺障害が残ると、日常生活や仕事などにも大きな支障が発生します。
そこで、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益などの適正な賠償金の支払いを受けるべきです。

ただ、こうした支払いを受けるためには、原則「後遺障害等級認定」を受ける必要があります。
後遺障害等級認定とは、後遺障害の内容や程度に応じて、等級を決定する手続きです。

後遺障害には、1級から14級までの等級が設けられています。それは、ひと言で後遺障害といっても、いろいろな症状があるからです。発症する部位もさまざまですし、程度や内容もケースによって異なります。
そこで、公平に後遺障害にもとづく賠償金を計算するために、定型的な後遺障害の認定基準と等級を定めています。

後遺障害が残ったら、どの等級のどの症状に該当するのかを見極めて、適切な等級の認定を受ける必要があります。

 

2.後遺障害等級認定の仕組み

後遺障害の等級認定は、どのようにして行われているのでしょうか?

まず、認定を行っているのは、自賠責保険・自賠責共済(以下「自賠責」)です。
そこで、後遺障害の等級認定請求をするときには、相手の自賠責に対し、認定の申請を行う必要があります。

申請の方法には、被害者請求事前認定という2種類の方法がありますが、このことについては、別の記事で説明をします。

自賠責は、後遺障害等級認定の申請を受けると、損害保険料率算定機構という調査機関に資料を送ります。すると、調査事務所が後遺障害に該当するかどうかの調査を行い、その結果をもとに、自賠責が後遺障害等級認定するかどうかを決定します。

 

3.後遺障害等級認定で重要なポイント

後遺障害の等級認定において、判断材料は、基本的に書面です。
膨大な後遺障害等級認定の申請に対し、公平かつ迅速に対応するためです。
書面主義(書面審査主義)と呼ばれます。

そして、書面の中でも、レントゲンやCT、MRIなどの画像診断、客観的検査結果は、非常に重要視されます。こうした所見は嘘をつかないからです。
そこで、後遺障害等級認定を申請するときには、画像診断や客観的検査結果を中心とした客観的な資料を揃えることが重要なポイントです。
必要な検査が足りていない場合には、追加で検査を受けることなども必要になってきます。

 

 

後遺障害等級認定の手続きは、素人では要件等を正確に把握しにくいため、被害者ご自身が対応されると、適切に認定を受けられないこともあります。
適切に後遺障害等級認定を受けるには、後遺障害の認定基準や認定要件を把握した上で、しっかりと書面による立証資料を用意することが重要なため,弁護士に依頼されることをお勧めします。

当事務所は、後遺障害等級認定にも非常に力を入れて取り組んでおりますので、お悩みの際には是非ご相談ください。

交通事故(事故損害賠償)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら