案件種別

遺産相続・高齢者問題
遺言書を作成する必要性

「遺言書を書きましょう!」という広告を見る方、多いのではないかと思います。

なぜ、「遺言書」を書かなければならないと思いますか?

 

「遺言」とは、自分で、亡くなった後の財産をどのように分けるか決めることができるものです。

「遺言」は、民法で定められた方式に沿って、「遺言書」を作成する必要があります。

 

 

「遺言書」を作成しない場合はどうなる?

では、「遺言書」を作成しない場合はどうなるのでしょうか。

「遺言書」が作成されない場合は、亡くなった方の財産を、相続人である親族間で分けることになります。

 

相続人で財産を分けることを、遺産分割、といいます。

相続人同士で話し合うことを、遺産分割協議といい、裁判所を利用して話し合うと、遺産分割調停とか、遺産分割審判といいます。

しかし、相続人同士で話し合うと、「私は、どの遺産がほしい」とか、「あなたは、以前〇〇万円もらっていたじゃないか」などと、揉める火種となりかねません。そして、一度揉めてしまうと、良好だった関係性が崩れてしまうかもしれません。また解決するまでの時間も長くかかります。

 

亡くなった方の想いを乗せて、相続人同士のトラブルを事前に避けるためにも、遺言書を作成する必要があるのです。

 

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら