案件種別

遺産相続・高齢者問題
寄与分とは(総論①)

寄与分とは,相続人の中で,被相続人(亡くなった人)の財産を増加または維持するために特別に関与した人がいる場合に,その関与を金銭的に評価し,その人が相続で取得する財産に加えるというものです。

寄与分が問題となるケースは以下のとおりに分類されます(民法904条の2第1項)。

 

1 被相続人の事業に関する労務の提供

被相続人が行っていた事業(農業,商売等)に従事することによって寄与分が認められることがあります。ただし,その事業への従事は無償であることが求められます。

 

2 被相続人の事業に関する財産上の給付

被相続人が行っていた事業(農業,商売等)に対し,金銭,不動産等を給付した場合に寄与分が認められることがあります。ただし,この場合も無償であることが求められます。

 

3 被相続人の療養看護

被相続人に対して療養看護を行ったことにより,被相続人が付添人等の費用の支出を免れた場合に寄与分が認められることがあります。ただし,その療養看護は,親族の扶助を超えた特別の寄与に値するものでなければなりません。

 

4 その他

その他にも,被相続人を引き取って生活費を支出していた場合(扶養型)や,被相続人の財産を管理した場合(財産管理型)なども寄与分として認められる場合があります。

 

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら