案件種別

交通事故(事故損害賠償)
物損事故とは

■物損事故の意味・定義

物損事故」とは,怪我人が出ず,物の損壊のみ生じた交通事故のことです。「物件事故」とも呼ばれ,交通事故証明書の右下欄(「照合記録簿の種別」欄)には物件事故と記載されます。車両同士の衝突事故のほか,ガードレールや壁,電柱への衝突事故なども,怪我人が出ない場合には物損事故となります。

怪我人が出た交通事故は「人身事故」と言います。

 

 

■ 物損事故と人身事故の違い

損害の違い

物損事故と人身事故とは,怪我人の有無が違います。
そのため,損害についても,次のとおり異なってきます。

 

物損事故における損害(物的損害の代表的なものは,次のとおりです。

・ 車両損害(修理費,事故車時価額,買替諸費用,登録手続関係費等)
・ 代車代
・ 休車損害
・ 積荷損害
・ 評価損
・ その他

 

人身事故における損害(人身損害の代表的なものは,次のとおりです。

・ 治療関係費
・ 傷害慰謝料
・ 休業損害
・ (死亡事故の場合) 逸失利益,死亡慰謝料,葬儀関係費等
・ (後遺障害が残った場合)逸失利益,後遺障害慰謝料等
・ その他

 

人身事故であっても,物的損害も生じているという場合には,もちろん人的損害のほかに物的損害も請求できます。

警察における取り扱いの違い

警察において,物損事故の場合には,交通事故証明書に「物件事故」と記載され,人身事故の場合には,交通事故証明書に「人身事故」と記載されます。

物損事故の場合,警察では,物件事故報告書という,事故概要をまとめた記録が作成されます。
人身事故の場合,警察は,現場調査(実況見分)を行い,事故当事者から,事故状況,処罰感情等を聞き取るなどして,実況見分調書などの比較的詳細な刑事記録が作成されます。

行政処分として,事故の前提として交通違反がある場合,その違反に応じた点数が加算されますが,人身事故の場合,加えて2点以上の加算があり,また,刑事処分がなされるか否かも異なってきます。

■物損事故から人身事故への切替について

診断書が警察に提出される等して怪我の事実が判明した時には,警察において人身事故として扱われます。

しかし,【事故当日には痛みを感じておらず,警察には物件事故として処理してもらっていたのだが,翌日朝から激しい痛みが生じていた】というケースなど,物損事故扱いから人身事故扱いへの切替をしたいという場合があります。
そのような場合は,警察署への診断書の提出などは可能な限り速やかに対応する必要があります。例えば数週間経ってから診断書を提出しようとしても,認められないケースがあります。

交通事故証明書において物損事故扱いのまま,保険会社から怪我の対応をしてもらえる場合もありはしますが,人身事故扱いと出来ない正当な事情がある場合等に限られています。

 

交通事故(事故損害賠償)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら