案件種別

交通事故(事故損害賠償)
過失割合① 交通事故の「過失割合」とは

事故当事者双方の不注意によって事故が生じた場合,過失割合が問題となります。

自身にも過失があった事故である場合,自身の過失割合分は自己負担となります。
例えば,車同士の事故で修理費等の100万円の損害を被り,自身にも30%の過失があるという場合,過失相殺によって,相手当事者は金70万円しか賠償義務が存在しません。残り30万円は,自己負担です。

では,過失割合はどのように判断されるのでしょうか。

過失割合を判断するには,まずはその前提事実となる事故状況が明らかになっていることが必要です。

そこで,次の順に説明します。

(記事リンク)事故状況が不明な場合や争いがある場合にどのように事故状況を明らかにするのか

(記事リンク)事故状況が明らかである場合にどのように過失割合を判断するのか

 

交通事故(事故損害賠償)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら