案件種別

遺産相続・高齢者問題
家族信託 ―あなたの意思を実現させるためには―

具体的な家族信託制度について考えてみましょう。

次のような身分関係の夫A が、自分の遺産を家族にどうしてほしいか、を考えました。

家族信託

■ 夫A の希望

① 私が死亡したら

妻B に不動産に住んでもらい、預貯金も自由に使ってほしい

② 私も妻B も死亡したら

子C にすべての遺産を相続してほしい

 

夫Aが何の対策もせずに死亡してしまったらどうなる?

さて、夫Aが、生前に何の対策もせずに、死亡してしまったら、どうなるでしょう。

① 夫Aが死亡したら

妻Bと子Cとが、夫Aの遺産を2分の1ずつ法定相続します。

② 夫Aの死亡後に、妻Bも死亡したら

妻Bの相続人(例えば、妻Bの兄弟姉妹など)が、妻Bの遺産を相続します。
もちろん、妻Bと子Cが、夫Aの意向に沿った遺産分割協議をまとめることができれば、問題ありません。
しかし、何らかの事情で夫Aの意向に沿わない結果となった場合、結果的に、夫Aの遺産の2分の1を妻Bの兄弟姉妹等が相続してしまいます。

 

家族信託契約の設定

そこで、夫Aが、家族信託制度を利用し、次のⅠ~Ⅲの条件を網羅した家族信託契約を、子Cとの間で交わしておきます。

170425sintaku2

Ⅱ 信託の終了事由
夫A と妻B が死亡したら、契約終了
Ⅲ 最終的な帰属権利者を子C とする

 

まとめ

このような家族信託契約の締結により、夫Aの希望がかなえられることになります。
夫Aが認知症になったとしても、信託契約により財産は子Cに移っていると解釈されますので、各種手続きができないということも避けられます。

あなたの思いをしっかりと形に残し、親族間の無用なトラブルを招かないためにも、『家族信託制度』の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら