弁護士ブログ

仕事のスピードアップの秘訣

弁護士ブログ

2011.11.04

 仕事が遅い,と感じている貴方。
 仕事が遅い,と気づいていない私。

 

今日から,仕事の早い人を目指そう!!

 アプローチ方法は2つ
Ⅰ 意識的にスピードを高めて動くこと
Ⅱ 戦略を立てて劇的なスピードアップを図ること

だ。

Ⅰ 意識的にスピードを高めて動くこと

 まずひとつ目は,意識的にテキパキ仕事をすること。

 時間を設定して,その時間内に仕事を終わらせるトレーニングを積むこと。

 あと,何時間か自分の仕事ができるな,と思って3時間仕事をするのと,
あと1時間しかない,と思って1時間でできる限りの仕事をするのとでは,
圧倒的に後者の方が,中身の濃い仕事が達成できているはずだ。

 しかし,上記方法だけでは,抜本的なスピードアップにはつながらない。
それこそ,1.2倍までは達成可能だが,5倍・10倍は不可能。

Ⅱ 戦略を立てて劇的なスピードアップを図ること

 そこで,5倍・10倍を達成するためには。

 時間をかけて戦略を練る

① 作業のルーティンワーク化
 実は同じことを繰り返している部分は,
次回は半分以下の時間で済むようなシステムを作る。
 事務所でも,幾らでもルーティンワーク化できる部分がある。

② 割り切って人に尋ねる
 自分で悶々と考えて,いい案が出てこないくらいなら,
人に頼むなり,いい案が出ない(いい案を出す実力がない)と割り切る

 頼まれた仕事なら,まず謝って,
やり方・いい知恵がないか,頼んだ人に尋ねる

 自分ができない奴と思われないか,心配かもしれないが,
トータルで,仕事が遅い奴,と思われることはないし,
ちゃんと途中で尋ねてきたこと自体が,評価に値する場合もある。

 「ホウレンソウ」でいうところの,【相談力】だ!
 

③ 作業時間のリミットを決める 
 1つの作業を2時間以上やっているくらいなら,
同じ時間で5つの別の作業をきっちり仕上げ,
時間のかかる作業が本当に2時間以上もかかる作業なのかを,
改めて時間の余ったときに15分考える。

 そして,実は1時間で終わると判断できれば,
仕事をするリミットを決めて,50分で終わらせる。

④ やらなくてよい仕事を見極める
 仕事が遅いという評価を受ける人,
仕事が忙しいという愚痴を繰り返す人は,
実は無駄な作業,やらなくていい仕事をしていることが多い。 

 それをやらなくなるだけで,さらに効率が高まる。

 こうしたこと等をすべて組み合わせ,繰り返すことにより,
何事もスピードアップできるはずだ。

 

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら