弁護士ブログ

冬の想い出

■弁護士ブログ , 松本ブログ

2011.12.28

日に日に寒さが増している。

私は,寒くなると自分が小学生だったころのことを想い出す。

私の故郷では毎年12月になると雪が積もった。自宅が山の上にあるため,小学生時代,雪の日は転びながら登校(下山)していた。

しかも,私の通っていた小学校では,「病気のとき以外は,半ズボン,裸足で過ごす!」という謎の校風があったため,雪の日でも半ズボン,裸足で校庭で遊んだものだ。
 
今でも,校庭に裸足で出た瞬間のキーンとくる冷たさを覚えている。

そして,仲間と一緒に雪だるまを作ったこと,その雪だるまが次の日も残っていて嬉しかったこと,でも,それがだんだん溶けていって少し切なかったことを覚えている。

今ではさすがに半ズボン,裸足で過ごすことなどできないが,雪が降ると今でも心が躍る。

ここまで読んでくださいまして,ありがとうございました。

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら