MENU
お問合せ

FAQ

よくある質問

債務整理 , 個人の方の相談

自己破産をした場合、自宅を失ってしまうのでしょうか?

結論から言いますと、多くの場合、すぐに自宅を手放さなければならない、訳ではありません。

以下、分析的に検討します。

1 自宅が、自己破産をされる方の所有でない場合(配偶者や親の物)
その方が自己破産したとしても自宅が失われることはありません。

2 自宅が、自己破産をされる方の所有である場合
(1) 自宅に、住宅ローンその他の抵当権が設定されていない場合
自己破産をする以上、自宅は原則として、破産管財人の管理下に置かれた上で、
売却手続きに付されますので、比較的早い時期に、自宅を出ていかなければなりません。

(2) 自宅に、住宅ローンその他の抵当権が設定されている場合
自己破産をしたとしても、その財産的価値は住宅ローン会社が押さえていると評価できるので、
破産手続において、自宅を処分する必要はありません。
通常は、自己破産をする以上は、ご本人さんは住宅ローンの支払ができませんので、
その後、連帯債務者や連帯保証人も支払をしなければ、
破産手続きとは別に、抵当権者等の申立により行われる、
不動産競売手続(4,5か月~1,2年)により、処理されることになります。

その他、いろいろなケースが考えられますので、是非一度、専門家にご相談下さい。

ご相談から解決まで、
高い満足度をお約束。

ご相談から解決まで、高い満足度をお約束。

最初にご相談いただくときから、問題が解決するまで、依頼者様の高い満足度をお約束します。
そのために、私たちは、専門性・交渉力(強さ)×接遇・対応力(優しさ)の両面を高める努力をしています。