MENU
お問合せ

FAQ

よくある質問

債務整理 , 個人の方の相談

自己破産手続申立直前の財産流出行為は大丈夫ですか?

自己破産手続きにおいて、破産財団の確定は、
破産手続き開始決定時に行われると説明しました。

これを、逆手にとって、破産手続き申立前に、破産手続きの申立人が、
親族に財産をただで上げたり、安く売却したり、
都合の悪い債権者だけに、先に全額支払ったり、ということは、
割とありがちな事態だと思われます。
破産法上は、上記のような行為を、否認該当行為として扱い、
違法・不当なものとして、取り消すことができるものとしています。

結果、違法な財産流出行為は、なかった状態に戻されるわけですが、
それだけにはとどまらず、展開次第では、
免責不許可(=借金が消えない、ということ)となるおそれもありますので、
素人判断で、破産手続申立前に、勝手なことをしないよう、注意しましょう。

ご相談から解決まで、
高い満足度をお約束。

ご相談から解決まで、高い満足度をお約束。

最初にご相談いただくときから、問題が解決するまで、依頼者様の高い満足度をお約束します。
そのために、私たちは、専門性・交渉力(強さ)×接遇・対応力(優しさ)の両面を高める努力をしています。