MENU
お問合せ

福岡の債務整理の実績豊富な弁護士

福岡債務整理無料相談なら
弁護士法人桑原法律事務所にご相談ください

債務整理の相談料・弁護士費用のメリット

弁護士費用についてくわしくはこちら

ご自宅から電話Webでも相談できます

優しさ強さの弁護士
創業25年目の経験と実績

代表弁護士・福岡オフィス所長 桑原 貴洋

借金問題のお悩み

借金問題や日々の取り立てにお悩みですか?

  • 借金の返済が厳しく、家族を養っていけない
  • 消費者金融やカードローンの借金が膨れ上がっている
  • 個人事業の経営状態が悪く、資金繰りが苦しい
  • 返済のために借金をして自転車操業になっている
  • 昼夜問わず債権者から取り立てがあっている
  • 家族や友人にも相談できない

下矢印

借金を整理して人生をリスタートできます
債務整理を弁護士に依頼するメリットとは?

債務整理のお悩み別一覧
お悩み別に探す

手続きアイコン

債務整理の3つの方法

弁護士法人 桑原法律事務所

福岡市博多区の
弁護士法人 桑原法律事務所

弁護士が適切な債務整理の方法を
共に考え、再出発をサポートします

債務整理のご相談は相談料無料
(初回30分)

※30分を超える場合、以降15分ごとに2,500円の相談料がかかります。

※法律相談はご予約後となりますので、お問合せ時に弁護士に直接お繋ぎすることはできません。

CASES

債務整理の解決実績

★★★★★

債務整理・借金問題のお客様の声

  • 総合的な満足度 ★★★★★

    借金をスムーズに返済できることで、気分が楽になりました。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    長年悩んでた借金問題を親身になって考えて下さり、自分に合うような解決案を提案してもらえました。
  • 総合的な満足度 ★★★★

    どうしたらよいか分からないときに道を決めていただきました。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    事務的な処理だけではなく、心理的負荷をも取り除いていただきました。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    親身に相談にのっていただき、一緒に方向性を考えていただいて助かりました。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    不安な気持ちの依頼者の立場を理解してくださり、親切にご指導いただきました。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    何から何まで丁寧に対応して下さり、ありがとうございました。長い間、借金に悩んでいたため、解消してとても安心しました。今後、同じ失敗をしないように生活をしていきます。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    何年も悩んでいたことが、ほぼ一か月で解決できました。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    初めての相談で不安を抱えておりましたが、弁護士の先生の対応がとても良かったですし、思っていた以上の結果が出て、大変ありがたかったです。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    最初は不安な気持ちでしたが、皆様のお顔を見た時に、ふとそのことが飛んで行きました。何事にも優しく、丁寧な対応に感謝しています。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    何のデメリットもなく本当に過払い金が戻ってきたことがありがたい。もっと早く相談しておけば良かったです。
  • 総合的な満足度 ★★★★★

    終わるまで少し生活が大変でしたが、今は生活を戻すことができ、よかったと思います。

お客様の声をもっと見る

STRENGTH

当事務所が選ばれる理由

債務整理の相談件数累計5800件以上。
積み上げてきた実績とノウハウを活かし、お一人お一人にあった最適な債務整理プランをご提案します。

1

債務整理の
専門研さんチームを設立

債務整理などの借金問題について専門的に研さんを行うチームを設立し、最新の判例や専門性の高い事案の研究を行っています。蓄積された知見とノウハウを活かし、お一人お一人の課題に適切な対処を行います。

差押えや裁判などの不安とも戦っている依頼者様のメンタルへのフォローも含め、様々な視点からサポートします。

2

担当の「弁護士+スタッフ」
チームがフォロー

担当の「弁護士+スタッフ」からなるチーム制を導入し、依頼者様をサポートいたします。

  • 担当スタッフが依頼者様と弁護士のやり取りをサポート。難しい表現もかみ砕いてご説明します。
  • お問い合わせの際に弁護士が不在でも、担当スタッフが速やかに対応し、弁護士との橋渡しをいたします。

3

借金問題の解決と
リスタートのお手伝いをいたします

お一人お一人の「ターニングポイント」を共に考えます。依頼者様ご自身の「気づき」を通じ、今後の人生がよりよく変わっていくためのお手伝いをいたします。「マイナスからプラスへ」――その考えを持って、私たちは依頼者様に向き合います。

4

債務整理のご相談は無料
電話・Webでも相談できます

債務整理のご相談は無料(初回30分)です。まずは胸の内にあるお悩みをお聞かせください。

お電話やウェブ(テレビ会議)での無料相談も承っております。

5

債務整理サービスにおいて、高いお客様満足度を実現しています

当事務所の債務整理サービスは、お客様より高いご評価・ご満足をいただいております。

総合的な満足度 借金問題にお悩みの方に当事務所を紹介したいか
満足度4.7
4.7/5
満足度4.7
4.8/5
接客やサービス 弁護士の対応 スタッフの対応 弁護士費用 事件対応のスピード 結果
満足度4.8
4.8/5
満足度4.8
4.8/5
満足度4.8
4.8/5
満足度4.4
4.4/5
満足度4.5
4.5/5
満足度4.8
4.8/5
接客やサービス 弁護士の対応
満足度4.8
4.8/5
満足度4.8
4.8/5
スタッフの対応 弁護士費用
満足度4.8
4.8/5
満足度4.4
4.4/5
事件対応のスピード 結果
満足度4.5
4.5/5
満足度4.8
4.8/5

※当事務所に債務整理をご依頼いただいたお客様のアンケート回答結果に基づき、平均値を表示しております(集計期間:2020/8/26~2022/3/2)


債務整理をご相談・ご依頼いただいた決め手は?
債務整理を相談・依頼いただいた決め手

依頼者様が、当事務所に債務整理をご相談・ご依頼いただいた決め手は

  • 1位:弁護士の対応(23.1%)
  • 2位:スタッフの対応(21.5%)
  • 3位:実績や信頼(13.8%)
というアンケート結果となっております。

MERIT

債務整理を弁護士に依頼する
メリット

借金の返済に困っている、事業に失敗した…こんなときに弁護士は何をしてくれるんだろう…?
弁護士に依頼した場合、こんなメリットがあります。

誰にも言えない…一人目の相談相手として

1. 誰にも言えない借金問題…
一人目の相談相手として

お金の問題は、誰に対しても言いづらいもの。そんなときの第一の話し相手として、弁護士がいます。 解決への第一歩は、相談です。まずはあなたの心にあるお悩みを、私たちに打ち明けてください。

取り立てや督促がストップし、精神面や生活の安定を得られる

2. 取り立てや督促がストップし
精神面や生活の安定を得られる

債務整理を弁護士にご依頼いただくと、すみやかに「依頼を受けました」という書面(受任通知)を債権者に送付します。そうすることで、債権者からの手紙や電話などによる取り立てが止まります。債権者とのやり取りなどもすべて弁護士が行いますので、早い段階から平穏な日常を取り戻すことができます。

取り立てが止まることにより、これまで返済にあてていたお金を生活に回すことができますので、生活が安定します。

法律の専門家としてあらゆる手続きに対応

3. 法律の専門家として
あらゆる手続きに対応

自己破産や個人再生の手続きにおいて「代理人」として活動できるのは弁護士だけです。例えば、司法書士は書面作成代理はできますが代理人として活動はできません。一方、弁護士は「代理人」として自己破産・個人再生の申立てをし、審尋(裁判官との面談)や債権者集会に同席することができます。

任意整理の途中で破産・個人再生へ移行する場合でも弁護士であればスムーズに移行できますし、高度な法律的判断が必要なケースや複雑な事情が絡むケースにも適切な対応をとることができます。債務整理は、あらゆる手続きに十分な対応が可能な弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

ベストな選択を専門家の視点からアドバイス

4. ベストな選択を
専門家の視点からアドバイス

債務整理といっても方法は複数あります。どの方法を選択するかは、依頼者様の借入状況や生活状況に応じて適切に判断する必要があります。依頼者様にとってのベストな選択を、専門家の視点からご提案します。

HOW TO

債務整理の3つの方法

債務整理には主に3つの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

任意整理

各債権者と交渉し、返済計画を見直すなどする手続き

Meritメリット

  • 返済総額、返済月額を減らせる
  • 今後の利息をカットできる場合がある
  • 住宅などの財産を残すことができる
  • 住所や氏名が官報に掲載されない
  • 自己破産や個人再生に比べ、手続きが簡単

Demeritデメリット

  • 自己破産と違い、返済を続ける必要がある
  • 交渉の結果、総額が減額できたとしても、
    個人再生に比べ減額幅は少ないことが多い
  • 任意整理に応じない債権者もいる
  • ブラックリストに掲載される

自己破産

裁判所を通じて、事実上借金を0とする手続き

Meritメリット

  • 借金が事実上0になり、 返済を続けなくてよくなる

Demeritデメリット

  • ブラックリスト・官報に掲載される
  • 一定以上の財産がなくなる
  • 一定期間、一定の職業に就けない(資格制限)

個人再生

裁判所を通じて借金を圧縮する手続き

Meritメリット

  • 借金を大きく減額できる
  • 住宅ローンがあっても自宅を守ることができる
  • 財産を残すことができる
  • 特定の職業などの資格制限を受けない

Demeritデメリット

  • 3~5年で返済しなければならない
  • 安定した収入がないと利用できない
  • ブラックリスト・官報に掲載される

TROUBLE & SOLUTION

借金問題のお悩みと解決方法

借金を減らしたい

債権者との協議(任意整理)または破産手続きにより、現在の借金残高を減らすまたは0にすることができる可能性があります。

ご自身の現状を見たときに、自身の借金を完済することが困難であると少しでも思われる方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

返済計画を見直したい

債権者との協議(任意整理)または再生手続きにより、約定の返済計画を、現在のあなたの収支にあった返済計画に見直すことができる可能性があります。

返済のための借入れを繰り返す前に、まずは弁護士にご相談ください。

ギャンブルが原因でも大丈夫?

ギャンブルが原因の借金でも債務整理ができるようサポートいたします。

ギャンブルや投資で作った借金であっても、任意整理個人再生といった方法を選択することもできますし、自己破産ができるケースもあります。

当事務所でも、ギャンブルが原因の借金でも自己破産が認められた事例も多数あります。依頼者様の状況に応じて、ベストな選択をご提案し、債務整理をサポートします。

会社や家族に知られたくない

弁護士に依頼することで、職場や家族に知られるリスクを小さくできます。

債務整理の事実が、ご家族や勤務先の会社に知られてしまう可能性はゼロではありませんが、そのリスクは小さいものと考えられます。

また、弁護士にご依頼いただくことで、周囲に知られてしまうリスクを軽減できます。「会社や家族に秘密で債務整理をしたい」という方は、弁護士と綿密に打ち合わせをした上で、適切に手続きを進めましょう。

自宅や車を手放したくない

任意整理個人再生といった手続きであれば、自宅(持ち家)や車を残して債務整理ができます。

特に個人再生の場合は、住宅ローン以外の債務額を大きく減額させることも可能です。

破産の場合も一定程度の財産を手元に残すことが可能です。弁護士が、財産を守りながら借金を整理する方法を共に考え、ベストな方法を提案いたします。

PRICE

債務整理の弁護士費用

借金問題のご相談は相談料無料
(初回30分)

※30分を超える場合、以降15分ごとに2,500円の相談料がかかります。

※法律相談はご予約後となりますので、お問合せ時に直接弁護士にお繋ぎすることはできません。

自己破産

  • 着手金

    個人の方

    22万円~

    個人事業主の方

    27万5000円~

  • プラス

  • 実費

    個人の方

    2万円~

    個人事業主の方

    3万円~

  • プラス

  • 追加着手金(必要に応じて)

    債権者6社以上

    債権者数に応じて 5万5000円~

    管財事案

    11万円~

  • 報酬金

    原則なし

※管財事案の場合、別途、裁判所に納める予納金が必要です。

法人破産の弁護士費用

個人再生

  • 着手金

    個人の方

    22万円~

    個人事業主の方

    27万5000円~

  • プラス

  • 実費

    3万円~

  • プラス

  • 追加着手金

    債権者6社以上

    債権者数に応じて 5万5000円~

  • プラス

  • 報酬金

    住宅ローン特則なし

    11万円~

    住宅ローン特則あり

    22万円~

※再生委員事案の場合、別途、裁判所に納める予納金が必要です。

法人の再生手続の弁護士費用

任意整理

  • 着手金

    1社あたり

    3万3000円~

  • プラス

  • 実費

    1万円~

  • プラス

  • 報酬金
    減額できた場合 減った額の10% ※
    過払金 (交渉) 取り戻した額の20% ※
    過払金 (訴訟) 取り戻した額の25% ※

※事案の難易度により、解決報酬金2万円がかかる場合があります。
※利益額に応じた費用(利益額の○%との表記部分)については、%に従って算出された金額に、別途、消費税が加算されます。

過払金の調査(完済事案)

まずは過払い金があるかどうかの調査だけでもご依頼いただけます。

  • 着手金

    無料

  • プラス

  • 実費

    必要に応じて 5,000円~

Q&A

債務整理に関して
よくある質問

Q.債務整理は誰でもできますか?

債務整理の方法はいくつかあり、手続きによっては資格制限を受けたり、返済原資が必要となるため、ご自身の状況に応じて手続きを選択する必要があります。

債務を整理する手続きは、任意整理、民事再生(個人再生)、破産などいくつかありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

たとえば破産手続きの場合は、人によっては資格を失うなどの制限を受ける可能性がありますが、基本的にすべての借金を帳消しにすることができます。

そのほかの手続きには破産のような制限はありませんが、返済原資とするための収入があることなどが要件になります。

Q.債務整理をすると家族に迷惑がかかりますか?

基本的には、債務者自身の手続きですので、家族や他者に迷惑をかけずに(知られずに)手続きをすることができます。

ただし、手続の種類によっては、高価な財産(不動産や車など)の処分をしなければならない場合がありますので、いま家族で住んでいる家を出ていかなければならなくなるなどのおそれがあります。弁護士に相談したうえで、ご自身の状況にあった債務整理の方法を選択しましょう。

Q.債務整理をしても自宅を残す方法はありますか?

任意整理や個人再生といった手続きであれば、自宅を残して債務整理の手続きをすることが可能です。特に個人再生の場合は、住宅ローン以外の債務額を大きく減額させることも可能です。

Q.債務整理をするとクレジットカードやローンを組めなくなりますか?

自己破産や個人再生などの方法により借金を整理する場合は、一般的に5~10年(金融業者によって期間はさまざまです)は、クレジットカードやローンを組めなくなる可能性があります。

Q.債務整理をしたら銀行口座の開設ができなくなりますか?

債務整理をしても、基本的には銀行口座の開設は可能です。

くわしくはこちら

Q.税金や年金、国民保険も債務整理の対象になりますか?

税金や国保税等は、破産や個人再生などの法的手続によって債務整理した場合でも、原則「非免責債権」として扱われるため、減額や支払免除などの措置を得ることができません。

仮に「悪質な滞納」と判断された場合は、給与・財産等の差押えを受けることもあります。支払いが困難な場合、お住まいの自治体に相談すれば、支払方法の変更に柔軟に対応してくれる場合もあります。

Q.滞納した税金の分割払いはできますか?

任意整理の手続きを取ることで、税金の分割支払いが可能になる場合があります。

Q.公共料金(電気・ガス・水道)も債務整理の対象になりますか?

電気・ガス・水道等の公共料金(ライフライン)の滞納分も債務整理の対象になります。

くわしくはこちら

Q.慰謝料や養育費も債務整理の対象になりますか?

慰謝料は免責される可能性がありますが、養育費は免責されることはありません。

くわしくはこちら

Q.長期間、滞納していた借金の督促通知が、最近になって突然届きました。支払わなければいけませんか?

債務の状況によっては、すでに時効により支払わなくてよい場合があります。

安易に債務の一部を支払ったり、債務が残っていることを認めたりせず、くわしい調査をする必要がありますので、まずは弁護士にご相談ください。

Q.消費者金融から「一括で支払え」と請求書が届きました。少しずつなら払えるのですが、どうしたらよいですか?

適正な額を、分割支払いにできる場合があります。

任意整理や特定調停といった手続きを行うことで、適正な額を原則3~5年での分割支払いにすることができます。直接、分割支払いの申し出をすることもできますが、債権者(金融業者等)からの請求額が適正な金額かどうかを調査する必要があります。

債務整理のコラム一覧

電話・ウェブでご相談できます