MENU
お問合せ

TRAFFIC ACCIDENT

個人のご依頼者様 - 借金問題

アイコン

誰にも相談できない借金問題…
こんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • 借金の返済が厳しく,家族を養っていけない…
  • 消費者金融やカードローンの借入れが膨れ上がっている…
  • 個人事業の経営状態が悪い…資金繰りに窮している…
  • 返済のために新たにお金を借りている…
    自転車操業になっている…
  • 昼夜問わず債権者からの取立てがあり,
    心身ともに疲れている…
  • 家族や友人には相談できない…

下矢印

こんなお悩みのある方は、
ぜひご相談ください。

借金問題の解決実績豊富
桑原法律事務所の弁護士が、再出発の方法をともに考えあなたのお悩みを解決します

  • 初回30分

    相談料無料

MERIT

弁護士に依頼するメリットとは?

事業に失敗した、借金の返済に困っている…こんなことに悩んでいるときに、弁護士は何をしてくれるんだろう…?
弁護士に依頼した場合、こんなメリットがあります。

誰にも言えない…一人目の相談相手として

1

誰にも言えない…
一人目の相談相手として

お金の問題は、誰に対しても言いづらいもの。そんなときの第一の話し相手として、弁護士がいます。
解決への第一歩は、相談です。まずはあなたの心にあるお悩みを、私たちに打ち明けてください。

取立てがストップし、精神面や生活の安定を得られる

2

取立てがストップし、
精神面や生活の安定を得られる

弁護士に依頼し、債務整理の手続きに入ると、弁護士は速やかに「依頼を受けました」という書面(受任通知)を各債権者に送付します。
そうすることで、債権者からの手紙や電話などによるあらゆる取立てが止まります。債権者とのやり取りなどもすべて弁護士が行いますので、早い段階から平穏な日常を取り戻すことができます。

また、取立てが止まることにより、これまで返済に回していたお金を生活に回すことができますので、生活が安定します。

法律の専門家としてあらゆる手続きに対応

3

法律の専門家として
あらゆる手続きに対応

自己破産や個人再生の手続きにおいて、依頼者様の「代理人」として活動できるのは弁護士だけです。例えば、司法書士は自己破産や個人再生の「書面作成代理」はできますが、「代理人」としての活動はできません。一方、弁護士は「代理人」として自己破産・個人再生の申立てをし、審尋(裁判官との面談)や債権者集会に同席することができます。

また、任意整理の途中で破産・個人再生へ移行する場合でも、弁護士であればスムーズに移行できますし、高度な法律的判断が必要なケースや複雑な事情が絡むケースにも、適切な対応をとることができます。
このように、あらゆる手続きに十分な対応が可能な弁護士に、まずはご相談いただくことをおすすめします。

ベストな選択を、専門家の視点からアドバイス

4

ベストな選択を、
専門家の視点からアドバイス

債務整理といっても、方法は複数あります。どの方法を選択するかは、依頼者様の借入状況や生活状況に応じて適切に判断する必要があります。依頼者様にとってのベストな選択を、専門家の視点からご提案します。

債務整理の主な方法

任意整理

各債権者と交渉し、返済計画を見直すなどする手続き

メリット

  • 返済総額、返済月額を減らせる
  • 今後の利息をカットできる場合がある
  • 住宅などの財産を残すことができる
  • 住所や氏名が官報に掲載されない
  • 自己破産や個人再生に比べ、手続きが簡単

デメリット

  • 自己破産と違い、返済を続ける必要がある
  • 交渉の結果、総額が減額できたとしても、
    個人再生に比べ減額幅は少ないことが多い
  • 任意整理に応じない債権者もいる
  • ブラックリストに掲載される

自己破産

裁判所を通じて、事実上借金を0とする手続き

メリット

  • 借金が事実上0になり、
    返済を続けなくてよくなる

デメリット

  • ブラックリスト・官報に掲載される
  • 一定以上の財産がなくなる
  • 一定期間、一定の職業に就けない(資格制限)

個人再生

裁判所を通じて、借金を圧縮する手続き

メリット

  • 借金を大きく減額できる
  • 住宅ローンがあっても、
    自宅を守ることができる
  • 財産を残すことができる
  • 特定の職業などの資格制限を受けない

デメリット

  • 3~5年で返済しなければならない
  • 安定した収入がないと利用できない
  • ブラックリスト・官報に掲載される

STRENGTH

桑原法律事務所の強み

借金問題の相談件数累計5000件以上。
積み上げてきた実績とノウハウを活かし、お一人お一人に合った最適な債務整理プランをご提案します。

1

深い知識を備えた
借金問題専門チーム

当事務所では、借金問題について専門的に扱う弁護士チームを設立し、最新の借金に関する判例や専門性の高い事案の研究を行い、所内の弁護士やスタッフにフィードバックしています。蓄積された知見とノウハウを活かし、お一人お一人の課題について、適切な対処を行います。

また、裁判や差押えなどの不安とも戦っている依頼者様のメンタルへのフォローも含め、様々な視点から案件をサポートします。

2

専任の「弁護士+スタッフ」
チームがフォロー

当事務所では、依頼者様の不安を取り除くために、専任の「弁護士+スタッフ」からなるチーム制を導入しています。

  • 難しい表現が多くなりがちなやり取りにおいて、依頼者様の交通事故担当の専任スタッフがいることで、依頼者様と弁護士のやり取りがスムーズに。
  • 急ぎの質問やお問合わせの際に、弁護士が不在であっても、依頼者様の交通事故担当の専任スタッフが速やかに対応し、弁護士との橋渡しをいたします。

3

リスタートの方法を、
ともに考えます

当事務所では、依頼者お一人お一人の「ターニングポイント」をともに考えます。
なぜ、このような状況に陥ったのか。どこに原因があるのか。みずからの「気づき」を通じ、今後の人生がよりよく変わっていくためのお手伝いをいたします。
「マイナスからプラスへ」――その考えを持って、私たちは依頼者様に向き合います。

4

借金問題の相談は無料です

借金問題について、初回のご相談(30分)を無料としております。まずは胸の内にあるお悩みをお聞かせください。

PRICE

借金問題の弁護士費用

相談料無料
ご相談いただけます。
(初回相談時間30分)

※30分を超える場合、以降15分ごとに2,500円の相談料がかかります。

自己破産

  • 着手金

    個人の方

    20万円~

    個人事業主の方

    25万円~

  • プラス

  • 追加着手金

    債権者6社以上

    債権者数に応じて5万円~

    管財事案

    10万円~

  • プラス

  • 実費

    個人の方

    2万円~

    個人事業主の方

    3万円~

  • プラス

  • 報酬金

    原則なし

※管財事案の場合、別途、裁判所に納める予納金が必要です。

法人破産の弁護士費用はこちら

個人再生

  • 着手金

    個人の方

    20万円~

    個人事業主の方

    25万円~

  • プラス

  • 追加着手金

    債権者6社以上

    債権者数に応じて5万円~

  • プラス

  • 実費

    3万円~

  • プラス

  • 報酬金

    住宅ローン特則なし

    10万円~

    住宅ローン特則あり

    20万円~

※再生委員事案の場合、別途、裁判所に納める予納金が必要です。

法人の再生手続の弁護士費用はこちら

債務整理

  • 着手金

    1社あたり

    3万円~

  • プラス

  • 実費

    1万円~

  • プラス

  • 報酬金
    減額できた場合 減った額の10
    過払金 (交渉のみ) 取り戻した額の20
    過払金 (訴訟) 取り戻した額の25

※事案の難易度により、解決報酬金2万円がかかる場合があります。

過払金の調査(完済事案)

  • 着手金

    無料

  • プラス

  • 実費

    必要に応じて
    5,000円~

上記はすべて税別の価格です。

CASES

借金問題の解決事例

借金問題の解決事例1

概要

依頼者 Aさん(女性)
手続き 自己破産
借金の原因 生活費
債権者数 5~10社
負債総額 200万円程度

相談までの経緯

Aさんは、個人事業を営んでおり、生活のため借入れを続けてきました。しかし、借金の返済が苦しくなったため、自己破産されることを決意して、当事務所にご依頼いただきました。

弁護士の活動

弁護士が、破産申立てのサポートを行いました。
個人事業主の場合は、原則として「管財事件*」として扱われることになります。本件では管財を回避するため、申立書において、Aさんの事業内容を詳細に説明したうえで、「Aさんが財産目録に記載している物以外の事業用資産を有している可能性が低い」ことなどを疎明しました。

結果

弁護士の活動により、Aさんの破産申立事件は、
管財ではなく「同時廃止*」として破産開始決定を獲得することができました。
その後、免責許可が下り、Aさんは事実上、借金の支払義務を免除されました。

管財と同時廃止について、詳しくはこちらへ

借金問題の解決事例2

概要

依頼者 Bさん(男性)
手続き 自己破産
借金の原因 浪費
債権者数 5社~10社
負債総額 500万円~1,000万円

相談までの経緯

Bさんは、ネットゲームにはまり、借金をしてまで課金を続けてしまったことで、負債が膨らんでいました。自転車操業に陥り、最終的には返済不能となったため、破産を決意され、当事務所にご依頼いただきました。

弁護士の活動

破産申立てのサポートと、ネットゲームを断ち切るためのサポートを行いました。
どのようにすればネットゲームを辞めることができるのか、計画を立て、計画を実施してもらい、その進捗状況を定期的に見守るということを行いました。

結果

Bさんは、ネットゲームを実際に辞めることができました。
破産の手続きとしては、管財事件となりました。
破産管財人による調査の結果、「免責不許可事由あり」とはなりましたが、
ネットゲームを辞められたことが評価され、裁量免責*となりました。
Bさんは事実上、借金の支払義務を免除されました。

※ 裁量免責とは:免責不許可事由がある場合でも、裁判所の裁量により免責を許可されること。

借金問題の解決事例3

概要

依頼者 Cさん(男性)
手続き 小規模個人再生
借金の原因 事業の失敗
債権者数 11社~15社
負債総額 1,500万円~2,000万円

相談までの経緯

Cさんは個人事業を営んでいました。事業開始当初に経営難となった際の借入れが、事業が好転してからも経営を圧迫していました。
借入金の負担を減らすべく、借金の整理を決意され、当事務所にご依頼いただきました。

弁護士の活動

Cさんは、「事業は継続したい」、「住宅ローン付の自宅は守りたい」というご意向でした。弁護士が、Cさんの収支状況を確認のうえ、「継続的に返済していくことが可能である」と判断し、小規模個人再生を選択しました。
裁判所への小規模個人再生申立てのためのサポートを行いました。

結果

住宅ローン特約付の再生計画案が認可され、
住宅ローン以外の借金を80%圧縮することに成功しました。
自宅を守りながら、毎月の返済額を減らすことができました。

借金問題の解説