MENU
お問合せ

COLUMN

弁護士・スタッフブログ / コラム

2014.04.18 / 吉原ブログ

人質司法 ~弁護士木谷明先生講演会~

人質司法とは

逮捕された被疑者(容疑者)が「自分はやってない」と主張した場合,
当然のように「証拠隠滅のおそれあり」として,身柄を拘束され続けてしまうことです。

身柄を長期間拘束されるとどうなるでしょうか?

職を失ったり,家族が生活できなくなったりという大きな弊害が生じます。

困った被疑者はどうするか?

罪を認めなければ身柄を拘束され続けてしまうので,
「認めれば罰金で済むかも」などと言われると,
やってもいないのに「やった」と言ってしまうのです。

人質司法は冤罪を生み出す深刻な問題であり,
そのような手法を用いる検察はもちろん,
安易に身柄拘束を認める裁判所に対しても,
弁護人は立ち向かわなければなりません。

木谷先生の上記のようなお話は,
改めて自分を奮い立たせてくれる力強い内容でした。

ご相談から解決まで、
高い満足度をお約束。

ご相談から解決まで、高い満足度をお約束。

最初にご相談いただくときから、問題が解決するまで、依頼者様の高い満足度をお約束します。
そのために、私たちは、専門性・交渉力(強さ)×接遇・対応力(優しさ)の両面を高める努力をしています。