MENU
お問合せ

COLUMN

弁護士・スタッフブログ / コラム

2018.12.27 / 池田ブログ

退職代行サービスについて

弁護士の池田です。

最近,退職代行サービスが流行っているみたいですね。
このようなサービスを利用しなければ退職できない職場というのは,かなり大変な職場だと思います。
サービス利用者も心理的に追い込まれているのでしょう。

このようなサービスを弁護士以外の者が行うと,弁護士法違反(弁護士法72条)となる可能性があります。
サービス料金を少し確認しましたが,すごく少額というわけでもないみたいですね。
弁護士は敷居も,費用も高いと一般的に思われていると思いますが,退職代行サービスの内容であれば,退職代行サービスとあまり変わらない費用で案内している事務所が多いのではないかと思います。
敷居が高いと思われていることが理由で,弁護士の力が必要な人の手助けができていないと思うと非常に残念に思います。

弁護士であれば,退職の通知だけでなく,退職に関する法的問題についても解決できる可能性があるので,退職代行サービスの利用を検討される際には,まずは弁護士への相談も検討していただければと思います。

 

ご相談から解決まで、
高い満足度をお約束。

ご相談から解決まで、高い満足度をお約束。

最初にご相談いただくときから、問題が解決するまで、依頼者様の高い満足度をお約束します。
そのために、私たちは、専門性・交渉力(強さ)×接遇・対応力(優しさ)の両面を高める努力をしています。