MENU
お問合せ

COLUMN

弁護士・スタッフブログ / コラム

2020.11.20 / 桑原ブログ

組織論から見た夫婦円満の秘訣(チェスター・バーナードの組織の3要素)

夫婦円満の秘訣として、アメリカの著名な経営学者であるチェスター・バーナードが提唱した、組織の3要素を援用することができます。

組織の3要素とは、以下のとおりです。

①夫婦間の共通目的の設定
②目的に向けて貢献しようという意欲
③そのためのコミュニケーション

子育て中の夫婦であれば、意識しなくても①~③が自発的に生み出されますが、子育てを終えて険悪になり始めたご夫婦においては、これらが失われがちです。

改めて、子育てを終えるに当たって(あるいは老後を迎えるに当たって)、あるべき①夫婦間の共通目的を設定し、②当該目的に向けてお互いに貢献・努力していこうということを約束し、③そのために必要なコミュニケーションのあり方を構築していく。

当事務所の卒婚サポートサービスは、卒婚を検討されているご夫婦に対して、上記のような視点で、あるべき卒婚のあり方をご提案し、これを法律的な書面として明確化していく(卒婚協議書や卒婚調停など)ことなどを内容としたサービスです。

貴方のより豊かな人生設計へのお手伝いをしたい。

関連記事

「卒婚」とは
夫婦の状態からみる卒婚の位置付け
卒婚の種類 -同居卒婚・別居卒婚-
卒婚と契約 -卒婚とは契約なのか-
卒婚と契約 -契約書は必要?-
卒婚のメリット
卒婚のデメリット
卒婚に対する当事務所の取組み
桑原法律事務所の卒婚サービスプラン・弁護士費用
円満調停とは

 

 

ご相談から解決まで、
高い満足度をお約束。

ご相談から解決まで、高い満足度をお約束。

最初にご相談いただくときから、問題が解決するまで、依頼者様の高い満足度をお約束します。
そのために、私たちは、専門性・交渉力(強さ)×接遇・対応力(優しさ)の両面を高める努力をしています。