MENU
お問合せ

COLUMN

弁護士・スタッフブログ / コラム

2010.08.01 / 桑原ブログ

別府・杉の井ホテル

九弁連理事達による合宿が、大分県別府市の杉の井ホテルで開催されました。
初日は、法科大学院における法曹養成問題と、新人弁護士の研修のあり方について、協議しました。
これらのテーマについては、後日投稿するとして、別府市の杉の井ホテルには、初めて行きました。

別府といえば、「杉の井ホテル」(http://www.suginoi-hotel.com/)と言われる理由。
これまで、何となく、規模の大きなホテルであり、老舗だからかなぁ~などと思っていましたが、予想をはるかに超える規模の大きさでした。

館内をいろいろと巡るだけで、万歩計の目標を達せられるような、とでもいえばよいでしょうか。
また、立地もよい。
棚湯には何度も入りましたが、夕方、夜、朝と、海、別府市街、鶴見岳や草原、広大な露天風呂で、ぼーっと下の世界を眺める感覚。
部屋も非常にきれいでした。

今回は、オフィシャルな行事であったので、家族は連れて行きませんでしたが、プールやボーリング場など、子供達も喜ぶ施設も併設されており、近いうちに家族を連れて行きたいと思います。

ご相談から解決まで、
高い満足度をお約束。

ご相談から解決まで、高い満足度をお約束。

最初にご相談いただくときから、問題が解決するまで、依頼者様の高い満足度をお約束します。
そのために、私たちは、専門性・交渉力(強さ)×接遇・対応力(優しさ)の両面を高める努力をしています。