MENU
お問合せ

COLUMN

弁護士・スタッフブログ / コラム

2010.03.18 / 桑原ブログ

過払金脱税報道のその後

平成21年10月、
「福岡国税局は、福岡、佐賀、長崎3県の司法書士や弁護士約120人に、過払金返還請求の報酬の所得隠しや申告漏れを指摘した。」
との報道が出された。
上記記事を読む限り、佐賀の弁護士にも脱税者がいた、脱税者は誰だ?というふうにしか思えないよね。

佐賀県弁護士会は、平成22年3月17日、「故意の脱税と見られるものはなかった」との調査結果を発表した(佐賀新聞社ホームページより)。
各弁護士が所得税申告書などの納税に関する書類を税務署に開示請求し、修正申告や更正決定の有無をきちんと調査した上で、上記のとおりの発表に至っている。

私も、調査に協力した。

各地の司法書士会や他県の弁護士会では、会員へのアンケート調査のみを行った程度で、「脱税は確認できなかった」というコメントしか出していない中で、佐賀県弁護士会はできうる限りの調査を行ったことは、評価に値する。

しかし、佐賀の弁護士に脱税者がいなかったとなると・・・・・

上記報道は、佐賀の弁護士達にとっては、名誉毀損に当たるのではないか?

国税庁のホームページによると(ページの一番下)、全国で700件近い非違件数が発見されたとのことであり、大部分が司法書士との話も聞くが、弁護士も相当数含まれているとすれば、残念である。

ご相談から解決まで、
高い満足度をお約束。

ご相談から解決まで、高い満足度をお約束。

最初にご相談いただくときから、問題が解決するまで、依頼者様の高い満足度をお約束します。
そのために、私たちは、専門性・交渉力(強さ)×接遇・対応力(優しさ)の両面を高める努力をしています。