案件種別

遺産相続・高齢者問題
推定相続人の廃除とは

相続人の資格(立場)を喪失するケースとして、欠格事由に該当する(民法891条)場合のほか、推定相続人の廃除があります。

推定相続人とは、現時点で相続が発生した場合に、相続人になりうる人のことを言います。

 

(1)廃除の手続

被相続人は、遺留分を有する推定相続人を廃除しようとする場合は、家庭裁判所にその推定相続人の廃除を請求することになります。

また、遺言で推定相続人を廃除する意思を表示することもでき、その場合は、遺言執行者がその推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することになります。

 

(2)廃除が認められる場合

廃除が認められるのは、「被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他著しい非行があった」場合となります。

そして、「虐待」「重大な侮辱」「著しい非行」にあたるかどうかは、客観的な根拠に基づいて判断されることになります。

例えば、過去の裁判所の決定例として、一時の激情に駆られて非難の言葉があったとしても、廃除にはあたらない、としたものもあります。

 

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら