案件種別

交通事故(事故損害賠償)
死亡事故支払基準(自賠責・裁判)

今回は,死亡事故の損害賠償金について解説いたします。

 

1 葬儀関連費用

自賠責基準では,原則としては60万円で,支払上限100万円とされています。

裁判基準では,加害者が損害賠償義務を負う範囲は原則として150万円までとされています。

 

2 逸失利益

逸失利益=基礎収入額×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

逸失利益とは,将来得ることができたはずの利益を失った,という損害賠償項目です。

死亡事故によって失った利益は,基本的な考え方としては,将来分の収入から生活費を差し引いたものになります。

 

3 死亡慰謝料

(1)自賠責基準

本人慰謝料350万円のほか,近親者のうち,父母,配偶者及び子について,請求権者1人の場合は550万円,2人の場合には650万,3人以上の場合には750万円,被害者に被扶養者がいるときは,さらに200万円加算,とされています。

 

(2)裁判基準

近親者慰謝料を含め,被害者が一家の支柱であった場合には2800万円,一家の支柱で無くとも母親や配偶者であった場合には2500万円,その他独身者等である場合には2500万円~2000万円程度が基準とされています。

 

4 留意点

裁判基準における損害賠償額は,具体的事情に応じて増減するものであり,上記はあくまでも目安となります。
どのような事情が法的に損害賠償額に影響するかは,交通事故に詳しい弁護士に相談されることをお薦めします。

交通事故(事故損害賠償)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら