案件種別

遺産相続・高齢者問題
相続分とは ― 法定相続分 ―

相続が発生した場合に,相続人が被相続人の財産等を取得できる割合を「相続分」といいます。

法律では,被相続人が遺言等で相続分について何も示されていなかった場合のために,「法定相続分」を定めています。

相続人と法定相続分については,以下のとおりになります。

配偶者(妻) 父母 兄弟姉妹
1 2分の1 2分の1  
2 3分の2   3分の1  
3 4分の3     4分の1

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら