案件種別

遺産相続・高齢者問題
嫡出子と非嫡出子

婚姻関係にある夫婦から生まれた子を「嫡出子」,婚姻関係のない父と母との間で生まれた子を「非嫡出子」といいます。

これまで法律では,相続が発生した場合の嫡出子と非嫡出子が取得できる相続分に差異を設けており,非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の2分の1である(民法900条4号ただし書),とされていました。

しかし,この規定は,最高裁判所(最高裁大法廷判決 平成25年9月4日)において,嫡出子と非嫡出子が取得できる相続分を区別する合理的な根拠が失われているとして,憲法14条1項(法の下の平等)に反すると判断され,削除されることになりました。

 

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら