案件種別

遺産相続・高齢者問題
内縁と相続 ―内縁の配偶者は相続人となれるか―

戸籍上は配偶者ではないものの,長年の間,事実上夫婦関係があることを「内縁関係」といいます。

しかし,内縁の配偶者は,相続人とはなることはできません。
その理由は,相続関係の明確にするために,相続人になるかは戸籍により明らかにすべきと考えられているからです。

したがって内縁の配偶者は,相続が生じてしまうと,被相続人の遺産に関して,具体的な主張をすることが極めて困難となってしまします。

もっとも,生前に内縁の配偶者に財産を贈与することはでき,また,遺言書を書くことによって内縁の配偶者に財産を与えることは可能です。

 

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら