MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 遺産相続・高齢者問題

胎児と相続 ―妻が妊娠中に夫が死亡した場合―

目次CONTENTS

妻が妊娠中に,夫が交通事故で死亡してしまった場合,その後生まれてきた子どもは,夫の相続人となります。

民法886条1項には,「胎児は,相続については,既に生まれたものとみなす。」と規定されており,この条文は,一般的に,胎児が生きて生まれてきた場合は,胎児の時点に遡って相続する権利を有することを認める,と解釈されています。

なお,流産等で胎児が死体で生まれてきた場合には,この条文は適用されません。