案件種別

遺産相続・高齢者問題
胎児と相続 ―妻が妊娠中に夫が死亡した場合―

妻が妊娠中に,夫が交通事故で死亡してしまった場合,その後生まれてきた子どもは,夫の相続人となります。

民法886条1項には,「胎児は,相続については,既に生まれたものとみなす。」と規定されており,この条文は,一般的に,胎児が生きて生まれてきた場合は,胎児の時点に遡って相続する権利を有することを認める,と解釈されています。

なお,流産等で胎児が死体で生まれてきた場合には,この条文は適用されません。

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら