MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 遺産相続・高齢者問題

相続欠格とは

目次CONTENTS

本来,相続人となることができた人が,相続の資格を失ってしまうケースの1つとして,「相続欠格」という制度があります。

法律上,「相続欠格」として,以下のような5つの類型を定めており,これに該当してしまうと,当然に相続人ではなくなってしまいます

 

欠格事由

【1】
被相続人や自分より順位が上の相続人を,死亡させたり,死亡させようとしたために刑罰を科せられてしまった場合
【2】
被相続人が殺害されたことを知っていたのに,捜査機関に告発・告訴をしなかった場合
【3】
詐欺や強迫によって,被相続人が遺言を作成・撤回・取消・変更することを妨害した場合
【4】
詐欺や強迫によって,被相続人に遺言書を書かせたり,その遺言を撤回・取消・変更させたりした場合
【5】
相続についての被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿した場合