MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 倒産処理・事業再生

法人が破産した場合,滞納した税金はどうなる?

目次CONTENTS

【 Q 】

法人が破産した場合,滞納した税金はどうなりますか?

【 A 】

今回は,「自然人の破産」と「法人の破産」に分けて解説いたします。

自然人の破産の場合

自然人が破産した場合,裁判所が下す免責決定をもって,その方は,借金苦から解放されます。
もっとも,税金等に関する請求権は例外で,免責の効力が及ばないこととされています(破産法253条1項)

よって,税金等に関する請求権に関しては,免責決定が下されても,その支払いから逃れることはできません(とはいえ,分割払い等の柔軟な支払いに応じてくれる場合が多いようです。)。

法人の破産の場合

一方で,法人が破産した場合,法人格の消滅により法人の債務が消滅することは別記事にて述べたところですが,消滅の対象となる債務は,税金か否かを問いません。
すなわち,税金であろうと,その債務は消滅することとなります。

まとめ

以上のとおりですので,法人が破産した場合,滞納した税金も消滅しますので支払う必要はありません。

法人破産についてお困りのことがございましたら,当事務所までご相談ください。

弁護士法人桑原法律事務所の企業法務サイト
桑原法律事務所の企業法務サイト