MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2019.03.05

最終更新日:2021.12.24

CASE

  • 会社の倒産・再生

会社を破産する時に事業用賃借物件の明渡しができない場合どうなる?

目次CONTENTS

Q. 会社を破産する時に事業用賃借物件の明渡しができない場合どうなる?

この度、会社を破産の上、たたむことにしました。テナントビルの一室を賃借し、そこを事務所として使っていたのですが、費用の問題から明渡しをすることができませんでした。

この場合、どうなっていくのでしょうか?

弁護士に電話で相談する

A. 破産管財人による明渡しの作業がなされることとなります。

破産手続が開始されるとともに「破産管財人」が選任されますが、当該事務所は事業用の賃借物件ですので、会社の事業継続がない以上は使い続ける必要もなく、できる限り速やかに破産管財人による明渡しの作業がなされることとなります。

明渡しにかかる費用がない場合は、法人の財産を換価するお金に換える等して費用を捻出したり、賃借人と交渉したうえで和解的な解決を図るなどし、対応されることになります。

会社の破産について弁護士に無料相談ができます

当事務所は、法人の破産手続きについて、無料相談(初回30分)を承っております。まずは当事務所の弁護士までお気軽にご相談ください。

弁護士に電話で相談する

弁護士法人桑原法律事務所の企業法務サイト
桑原法律事務所の企業法務サイト