MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

公開日:2017.05.15

CASE

  • 相続・高齢者問題

遺産分割協議が必要になる場面と予防策

目次CONTENTS

ひと1人が亡くなった際、悲しいことに、しばしば、その人の財産の分け方に関して揉めることがあります。いわゆる、“ 相続問題 ”です。

 

相続問題の予防策

自分が死ぬ前にできる予防策の代表的なものに、遺言家族信託などがあります。

「相続問題を未然に防ぎたい」
「自分の死後の財産を特定の人に取得してほしい」
というご希望がある方などは、ぜひ検討しておきましょう。

“ 自分が亡くなった後は、いま面倒を見てくれているこの人が自分の財産を取得するだろう ”
“ 誰も文句は言わないはずだ ”
“ 仲良く分配してくれるだろう ”
なんて思っていても・・・

“ 人は人の思い通りに動かないもの ”とはよく言いますが、被相続人の意思や予想に反して問題が大きくなり、もし、生前にご相談があれば、本当に簡単に防げた問題なのに、と感じることがよくあります。
問題が起きてからの弁護士相談ではなく、問題を生じさせないための弁護士相談をおすすめします。

関連記事:
> 「4月15日。良い遺言の日。」
> 「家族信託の勧め」

遺産分割協議について

自分が死ぬ前の予防策が十分でない場合には、相続人の間で、どのように財産を分けるかを話し合っていく必要があります。
遺産分割協議 ”と言われるものです。

相続人の立場からは、“家族で揉めるのも嫌だし、遺産分割協議はせずに放っておこう” という考え方もあるでしょう。
ただし、不動産がある場合などには特に、単なる問題の後回しとなってしまい、後世の子孫、親類たちに、より大きな負担となって受け継がれていきます

関連記事:
> 「遺産分割協議はお早めに」

 

預貯金は遺産分割の対象に

遺産分割手続については、預貯金が遺産分割の対象になるということを(ようやく)日本の最高裁判所も認めてくれたので、審判手続もある程度は利用しやすくなってきています。

関連記事:
> 「預貯金は遺産分割の対象となる・最高裁平成28年12月19日決定」