案件種別

遺産相続・高齢者問題
遺留分とは何ですか?

【  Q  】

遺留分とは何ですか?

【  A  】

遺留分制度とは何かを理解するために,次のような事例を見てみましょう。

 

事例

A男は,20歳の頃,亡先妻B子と結婚し,2人の間に,C男が生まれました。B子は数年前に亡くなったところ,A男は,D子と再婚しました。A男とD子との間にはE女が生まれました。

A男の死後,全財産(便宜上,ここでは金銭債権のみとします)をD子に相続させる旨の遺言書が発見されました。C男は不満を持っていますが,遺言書がある以上,どうしようもないのでしょうか。

民法は,被相続人が自らの財産を自由に処分できることを原則としていますが,同時に,兄弟姉妹以外の相続人に一定の相続分を確保し,生活保障を図る趣旨から,これらの相続人について,一定額の相続財産を確保する制度を定めました。これが「遺留分制度」です。

たとえば,「被相続人A男が妻D子に全財産を相続させる」旨の遺言は,それ自体有効ではあるのですが,この遺言は,結果としてC男やE女の相続権を侵害していることになります。こうした場合,C男やE女には,遺留分減殺請求権という権利が認められています(行使しない自由もあります)。

 

遺留分減殺請求を行使したらどうなる?

遺留分減殺請求を行使した場合,一定の限度(法定相続分ではありません)について遺言の効力が失われ,その限度で遺留分権利者が権利を取得することになります。

事例でいえば,C男は,相続財産の価額の8分の1部分について遺留分を有しており,この限度で遺留分減殺請求を行うことができます(なお,厳密には,財産の価額について生前贈与の額,遺留分侵害額について特別受益の額などを考慮する必要がありますが,ここでは割愛します)。

 

さいごに

遺留分については,法的に検討しなければならない事項が多々あります。また,令和1年7月1日より施行された民法改正にも注意が必要です。

遺留分に関するお悩みをお持ちの方は,当事務所の弁護士にご相談ください。
桑原法律事務所は,相続のご相談は,初回(30分)相談料無料にて承っております。

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら