案件種別

交通事故(事故損害賠償)
物損事故から示談までの流れ(事故直後)

物損事故から示談までの流れのうち,事故直後の対応について解説いたします。

第二次事故発生の防止

まずは,第二次事故の発生の危険がある場合,動かせる場合には車両等を動かし,動かせない場合には危険回避措置をして避難します。

警察への報告

事故で怪我がある際には救急車を呼ぶことを考えなければなりません。また,事故が発生した以上は,速やかに警察に連絡します。
加害者には報告義務がありますが,被害者が報告することも差し支えありません。

相手の確認,保険会社への連絡

相手の車両ナンバー氏名連絡先などを記録し,自身の任意保険会社にも連絡して,事故の報告をしておきましょう。

【より望ましい対応】

ドライブレコーダーの映像が残っていれば,事故状況はその映像から明らかになりますが,そのような映像がない場合,お互いの記憶のみで,後々事故状況を精査しようとすると,細かな点も含めて状況の食い違いが生じることがあります。

そこで,証拠を保全しておくために,以下の対応をしておくことが重要です。
・ 衝突位置,車両損傷状態,事故現場などの写真撮影
・ 目撃者の確保(氏名,連絡先,事故状況に関する証言のメモなど)

> 次回記事: 物損事故から示談までの流れ(事故日以降)

交通事故(事故損害賠償)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら