案件種別

企業法務
宿泊者に新型コロナウイルス感染の疑いがある場合,宿泊を拒否することはできますか

[ Q ]

旅館業を営んでいます。
宿泊者に新型コロナウイルス感染の疑いがある場合に,宿泊を拒否することはできますか?

[ A ]

旅館業法第5条第1号では,「宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかっていると明らかに認められるとき」でなければ宿泊を拒むことはできません。

したがって,宿泊しようとする者が新型コロナウイルスに感染していると明らかに認められない限り,宿泊を拒むことはできません

企業法務の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら