MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務

宿泊者に新型コロナウイルス感染の疑いがある場合,宿泊を拒否することはできますか

目次CONTENTS

[ Q ]

旅館業を営んでいます。
宿泊者に新型コロナウイルス感染の疑いがある場合に,宿泊を拒否することはできますか?

[ A ]

旅館業法第5条第1号では,「宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかっていると明らかに認められるとき」でなければ宿泊を拒むことはできません。

したがって,宿泊しようとする者が新型コロナウイルスに感染していると明らかに認められない限り,宿泊を拒むことはできません

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。

電話無料相談について,詳しくはこちら