MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務

新型コロナウイルスが拡大する中,宿泊業を営業する際に気を付けることを教えてください

目次CONTENTS

[ Q ]

新型コロナウイルスが拡大する中で,宿泊業を営業する場合において,気を付けなければならないことを教えてください。

[ A ]

■ 宿泊者全員に対し,宿泊者名簿への正確な記載を働きかけてください。

■ 保健所が行う疫学調査等の宿泊者に関する状況把握にご協力をお願いします。

■ 宿泊者に対し,新型コロナウイルスに関する情報提供(手洗い,咳エチケット等の対策等)を行ってください。

■ 宿泊者が,発熱かつ咳などの呼吸器症状を発症したら,必ず宿泊施設側に申し出るよう伝えてください。

■ 宿泊者が,宿泊施設滞在中に上記の症状の発症を申し出た場合,事前に医療機関へ連絡してから受診するよう勧めてください。医療機関での診察を希望した宿泊者に対しては,医療機関の紹介等の支援を行ってください。

■ 宿泊施設の従業員に対しては,咳エチケットや手洗い等,通常の感染対策を推奨してください。特に,発症の申し出があった当該宿泊者と対応した従業員は,マスクの着用,症状が認められた際の医療機関での受診など,適切な対応をとってください

■ アルコール消毒液の設置をはじめとした利用者に係る感染症対策を実施してください。

■ WHOの公表内容から,新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域に滞在していたことのみを理由として,宿泊を拒否することはできません。

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。

電話無料相談について,詳しくはこちら