MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 労働問題(企業側・使用者側)

新型コロナウイルス対策により労働時間を短縮した分の賃金を支払う必要はありますか

目次CONTENTS

[ Q ]

新型コロナウイルス対策のため,従業員の出社時間を1時間遅らせることにしました。退社時間については変更しないため,総労働時間が1日あたり1時間短くなっています。短縮した労働時間分の賃金を支払う必要はありますか。

[ A ]

「ノーワークノーペイの原則」といって,労務の提供が労働者の意思によってなされない場合は賃金も払わなくていいという原則があります。

従業員の同意がある場合

これによると,出社時間を1時間遅らせることについて従業員の同意が得られている場合は,本件において問題となる1時間分については労働者の意思によって労務が提供されていないということになりますので,会社は,短縮した労働時間分の賃金を支払う必要はないということになります。

従業員の同意がない場合

しかしながら,一方で,従業員が通常通りの勤務を続けたいと言っているような場合に会社が出社時間を1時間遅らせるよう命じるような場合は,状況に応じて,その1時間分については休業手当(労働基準法26条)の支給を検討しなければならないこととなります。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。