MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 労働問題(企業側・使用者側)

新型コロナウイルスの影響で人手不足…就業可能な従業員の労働時間を延長することはできますか

目次CONTENTS

[ Q ]

新型コロナウイルスの影響で休業する従業員が増え,人手が足りない場合,就業可能な従業員の労働時間を延長する措置をとることはできますか。

[ A ]

いわゆる36協定が締結されており,就業規則においても時間外労働を命じることができる旨の定めがあれば,就業可能な従業員の労働時間を延長する措置をとることは可能です。
ただし,その場合でも時間外労働時間は36協定に定められた限度時間を超えてはなりませんし,安全配慮義務を負う会社としては,当該労働者の健康には当然ながら配慮する必要があります。

一方で,36協定がない場合は,「災害その他の避けることのできない事由」による時間外労働として労働時間を延長することが認められないかを検討することとなりますが(労働基準法33条),今回のようなケースにおいて一概に認められるということはできず,慎重な判断が必要になると思われます。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。