MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 労働問題(企業側・使用者側)

新型コロナウイルスの影響で経営悪化…従業員の給与カットは可能でしょうか

目次CONTENTS

[ Q ]

新型コロナウイルスの影響による経営悪化を理由として,従業員の給与をカットすることは可能でしょうか。

[ A ]

雇用契約で合意した給与を直ちにカットすることはできませんが,就業規則の変更によりカットすることができる場合もあります。

雇用契約に基づき,使用者側には契約した給与の支払義務が生じており,財務状況の悪化によりただちにこの義務を免れるものではありません。ただし,一定の要件を充足する場合には,合理的と認められる限り,就業規則の変更により給与等の労働条件を変更することができます。

ただし,労働者と使用者が就業規則と異なる合意をしていた部分については,その合意が優先され,就業規則の変更によっても変更することはできません。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

電話無料相談のご案内

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。

 

福岡県または福岡県近郊にお住まいの個人の方へ

当事務所では,個人の方のご相談も承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

給与カット・解雇・雇止めでお困りの方

> 労働問題(労働者側)のご相談

給与カット・解雇・雇止めにより,借金が返済できなくなった方

> 債務整理(自己破産,個人再生,任意整理)のご相談

借金問題のご相談は,相談料無料(初回30分)です。