MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 労働問題(企業側・使用者側)

【新型コロナウイルス関連Q&A】事業継続のための出社命令 ―年休権と時季変更権―

目次CONTENTS

[ Q ]

事業継続のため,十分な感染防止策を講じた上で,重要業務に従事する従業員に出社を命じました。従業員が年休権を行使した場合,時季変更権の行使ができますか。

[ A ]

会社は,原則,従業員が年休権を行使した日に有給休暇を与えなければなりません。
ただし,当該年休権の行使が会社の事業の正常な運営を妨げる場合は,時季変更権の行使が可能です。

したがって,ケースバイケースにはなりますが,事業継続のためやむを得ず,必要最小限の重要業務従事者にのみ出社を命じている場合,当該従業員が年休権を行使することにより,当然に会社の正常な運営が妨げられることになると思われますので,このような場合には時季変更権の行使ができる可能性があります。

もっとも,従業員が年休権を行使した日に有給休暇を与えなければならないのが原則ですので,年休権の行使が本当に事業の正常な運営を妨げるものなのか,時季変更権を行使せずとも事業の正常な運営を行うことができるのではないかといった検討は必要でしょう。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。