MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2020.04.09

CASE

  • 新型コロナウイルス関連

従業員が新型コロナウイルスに罹患して休ませる場合、賃金や休業手当の支払義務はありますか

目次CONTENTS

Q.従業員が新型コロナウイルスに罹患して休ませる場合、賃金や休業手当の支払義務はありますか。

A.「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられ、賃金や休業手当を支払う必要はありません。

新型コロナウイルスに感染しており、感染症法を根拠に都道府県知事が行う就業制限により従業員が休業する場合は、一般的には、「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられ、賃金や休業手当を支払う必要はありません。

なお、被用者保険に加入されている場合であれば、要件を満たせば、各保険者から傷病手当金が支給されます。

新型コロナウイルス関連Q&A集

当事務所では、コロナウイルスの影響による給与カット・解雇・雇止め等でお困りの方々より、多くのご相談をいただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。

給与カット・解雇・雇止め・職場での嫌がらせ等、会社との関係でお困りの方はこちら